活き活きとした美しい肌と笑顔を作る5つの習慣

活き活きとした美しい肌と笑顔を作る5つの習慣

活き活きとした美しい肌と笑顔を作る5つの習慣

唇と頬の間の横に伸びる「ほうれい線」が深くなるという事は、顔全体の筋肉が弱ってタルミが生じているためです。

 

この「ほうれい線」が深いと、実際の年齢よりも確実に老けて見られる事になります。目の疲れや肩こりを取り除き血行を良くして、バランスの良い食事と睡眠をきちんと取る事で「ほうれい線」を薄くして、活き活きとした美しい肌と笑顔を作る事が出来ますので、その方法をご紹介させて頂きます。

 

 

肌の乾燥や直射日光から肌を守ることにより「ほうれい線」は深くなりません

 

皮膚の乾燥は肌に大きなダメージを与えシワを作りますので、保湿クリームで普段から肌を守ることが大切です。また、陽射しを肌に浴びてしまうと肌の中にメラニン色素を生成し、活性酸素を発生させて肌の老化現象に繋がりほうれい線を深くする原因にもなります。直射日光が肌に直接触れないように普段から気を付けるようにしましょう。

 

 

肌を活発化するコラーゲンとビタミンCは顔のシワやタルミを取る強い味方

 

コラーゲンは肌の土台になる繊維網を作り、その中に保水力の高いヒアルロン酸が貯蔵されて健康で美しい弾力ある潤い肌を作り出します。

 

 

体内コラーゲンは加齢と共に減少しますので、肌のシワ・タルミ・シミが増加していきます。また、コラーゲンの不足は身体の様々な細胞や血管を弱らせるので老化現象に拍車をかける事にも繋がります。コラーゲンは、ビタミンCと結びつくことで最大限に摂取効果を高めます。

 

 

コラーゲンを多く含む食べ物

 

肉類

 

牛筋・牛タン・牛すね・手羽先・鶏軟骨・砂肝・豚足・スペアリブ・豚モツ・レバー(牛豚鶏)など

 

魚類

 

イカ・タコ・エビ・シシャモ・イワシ・アジ・カレイ・アンコウ・ウナギ・アナゴ・フカヒレなど

 

 

コラーゲンを多く含むコラーゲンボールで簡単摂取

 

牛すじ肉・鶏・豚足の動物性コラーゲンや、フカヒレ・カレイ・アンコウなどの魚類から抽出してボール状にしたコラーゲンボール。鍋・うどん・ラーメン・味噌汁などのスープの中に入れて溶かして食べます。これだと、良質のコラーゲンを簡単に摂取出来ます。主に通販での購入になりますが、20玉入りで値段は概ね1500円前後です。

 

 

ビタミンCを多く含む食べ物

 

キウイ・いちご・柿・レモン・アセロラジュース・ブロッコリー・カリフラワー・赤ピーマン・黄ピーマン・パセリ・かいわれ大根

 

 

肩こりや目の疲れを取ると「ほうれい線」は薄くなります

 

パソコン画面を長く見ていたり、入力作業が多いと目の疲れや肩こりが起こりますが、以外にもこれらは「ほうれい線」を深くする原因です。目の疲れや肩こりは、血流を悪くするので顔がむくみ肌の細胞の活性化が止まり、顔の筋力を落として「ほうれい線」を深くします。目薬をさしたり首や肩を回してあげて血行を促進する事で改善出来ます。

 

 

睡眠不足の解消で「ほうれい線」は深くなりません

 

ほうれい線と睡眠には深い因果関係が有ります。睡眠をきちんと取ることにより成長ホルモンの分泌が促進されます。睡眠不足だと、成長ホルモンの分泌が悪くなり、体内の新陳代謝が衰えて血行が悪くなり肌細胞に必要な栄養を送らないので、ほうれい線などのシワ原因になります。

 

 

「ほうれい線」の大敵はタバコ

 

タバコに含まれる有害物質は、体内の活性酸素の活動を活発にしてビタミンCを破壊します。ビタミンCとコラーゲンが結びついて初めて美しい肌を作り出す基盤を作ります。しかし、喫煙によりビタミンCが壊されてしまうとコラーゲンと結びつかなくなりますので、艶と弾力のある健康な肌を作らなくなってしまいます。